3.05.2015

イタリア、クレモナの地産地消 

ゼロ キロメーター

 新しい工房から徒歩7分の距離にあるカフェ『キロメトロゼロ』(ゼロキロメーター)。

 ポー通りに面した大きなウィンドウがとても開放的なお店です。オーナーは落ち着いた雰囲気のご夫婦ルイスとジョヴァンナ。店内には地元の写真家、彫刻家、画家の作品が飾られています。




 「前は全然ちがう仕事をしていたんだよ」と、はにかむルイスの言葉にずっと気になっていたカフェテリアの二人にインタビューすることにしました。


 お店を開けたきっかけを尋ねると「たくさんの要因が重なってそうなったのだけれど…まず私が仕事を失ってしまったの」とジョヴァンナ。
彼女はずっと会計、簿記の仕事をしていました。しかしイタリアの不景気のあおりをうけ、突然の失業。
 途方にくれていた彼女は建築士のルイスととても居心地の良い、落ち着いた、可愛らしいカフェに入ります。
そこで何となく「クレモナにはこういう落ち着いた雰囲気のカフェはないよね。自分たちで作れたらいいのに。」と話したのが始まりだったとか。
それを機にルイスは建築士の仕事を辞め彼女と一緒にカフェを開くため、二人の人生の新たな目標のため動き始めます。



一緒に働いた経験もカフェテリアで働いた経験もなかった二人。
カフェに関する知識はスクールにてゼロから習得。
お店は以前パン屋さんだった店舗を全面改装。そのさい二人の今までの仕事がとても役に立ったそうです。
目指すは「まるで家にいるような空間」「自分たちが好きな場所」。

 このカフェの大きな特徴の一つにカフェと一緒に取り扱う商品へのこだわりがあります。

 お店にはエチオピア産とブラジル産の2種類のコーヒー豆と約19種のコーヒーのいれ方があります。
イタリアを代表するエスプレッソ、日本でおなじみのドリップコーヒー、サイフォン、エアロプレス・・・そして夏季限定の水出しコーヒなどなど。この水出しコーヒーは約12~16時間かけていれるそうです!?
コーヒーだけでなくスロージューサーを使ったミックスジュースも評判の一品です。
アペリティーヴォのおつまみにはvegan(ベーガン)セットなども用意してあります。


 店名の「キロメトロゼロ」は日本語で言う「地産地消」にあたります。地元の新鮮な野菜や果物を使って作るおつまみ、サラダ、パニーノ、ジュース。冷凍ではなく、地元のお菓子屋さんのクロワッサンやブリオッシュ。
 そして地ビールと地元近郊で作られるワイン。
地元経済への参加、発展、活性化。遠方からの運輸によるCO2問題などについて説明してくれました。これらの考えはジョヴァンナが子供の頃、両親が畑で作った野菜や果物を食べて育ったことが大きく影響しているとのこと。

 今でこそ街として発展しているクレモナですが、一昔前までは田舎の小さな町だったんですね。



 ポー通りの新しいカフェテリアは今日も安らぎを求める地元客でいっぱいです。