5.18.2015

バロックヴァイオリン 02 くぎ

 
釘を打つ準備中
した穴を空けてからニカワを流し込む


 ルネッサンスから19世紀の半ば頃まで実に350年間、弦楽器のネックには釘が使われている例が多く見られます。

 バイオリンの前進であるリベーカは木をくり抜いて作られるため釘の必要はなかったようですが、ヴィエッラまで来るとネックが箱から飛び出して固定されているので釘が必要になってきました。
 リュートのネックなども釘で固定されていることが多く,もちろんガンバ属もです。


グァダニーニのネック釘付き
出展:Joannes Baptifta Guadagnini
 fecit Parmae ferviens
  ヴァイオリン族は長く長く生き残って改造されてもまだ使われたために釘が残っているものはミュージアムでしみれないのではないでしょうか・
 19世紀のフランス辺りでネックを伸ばし始めた時に釘をとって、ブロックをかえて、ネックも切って・・・と最終的にいま見慣れたヴァイオリンになったわけです。

 さて、強度は断然釘アリの方がたかく、ニカワと釘のダブルでほぼとれません・・いま流行の製作スタイルですとヴァイオリンの箱をつくってからネックを差し込むため釘を内側から打つのは困難です。現代のヴァイオリンのほぼ全てに釘は入っていません。
 これは推測ではありますが、、19世紀に始まったヴァイオリンの量産体制でこちらの方が”はやい”ので今のいままで屈折した伝統としてこの工法が残ったのかとも思います。アルコールニスやパーフリングを最初に入れるなど。。実は合理性にまけて導入された技法もたくさんあります。


ストラディヴァリのテノール・ヴィオラ
のレントゲン写真
  


 釘は日本でも古来より使われていたような和釘と同じ角錐のもので頭がついています。
焼きを入れていたかは様々だとはおもいますが、湾曲させて入れてある楽器のレントゲン写真もみたことがあるので、中に入って柔らかい方が都合がいいこともあるようです。
 アンティーク市でみかけるイタリアの古釘は手でまげられる柔らかさです。

本数は、クレモナではヴァイオリンで3本でアマティ、ストラディヴァリ、グァルネリで共通。グァダニーニもそれにならいます。。チェロになると??です。

 釘を熱していれるのはウソです。ニカワを流し込んでサビを生じさせます。もう抜けることはないでしょう・・・

 クラッシック期もすぎるころ、ネジも見られるようになります。これまた興味深いストーリーです



サント・セラフィンのチェロのオリジナルネック
釘が鬼打たれている。
本当に取れて欲しくなかったのが伺える・・